旅好き医学生の記録 ~旅と日常と時々勉強~

旅好き医学生の記録 ~旅と日常と時々勉強~

医学部6年生の旅と日常と勉強の記録です

【医学生の生活①】医学生のバイト事情【お金】

 こんにちは。医学生mintです。

 今回からは趣向を変えて、医学生の生活について紹介したいと思います。

 第一弾として、医学生のバイト事情についてです。

 

 

 

医学生はバイトできるの?

 みなさん医学生というと忙しいイメージがあるかもしれません。僕も入る前はそうでした。高校の先生は医学部に入ったら受験以上に大変だぞと脅してきました。

 実際は全くそんなことはありません。バイトも旅行も部活も、割と好きなことをする時間があります。他の学部の大学生のように一日バイトとかはあまりできませんが、低学年の間なら飲み屋などの比較的長時間のバイトはできます。(医学生がどれくらい時間があるのか興味のある方は 医学生は暇なのか問題 をお読みください)

 しかし、もともとお金持ちが多いので、そこまで長時間のバイトをする人はあまりいません。(経済事情も興味がある方は 奨学金は名ばかりでただの借金ではないか  をお読みください)

どんなバイトをするの?

 多いのはやはり、家庭教師・塾講師です。テストや実習があるため、時期によってはバイトどころじゃありません。ということで、比較的時間の融通がききやすい家庭教師・塾講師が人気です。

 その他にも短期のアルバイトとして、結婚式場や軽作業系などの派遣バイト、ひたすら大根を抜く農業バイトなど、様々なバイトをしている人がいます。

 共通点としては休日にできること+時間に融通がききやすいということですかね。

 なので、逆に時給がよくても縛りが強い業界にはあまり皆行きたがりません。

おすすめバイト

 やはり家庭教師・塾講師でしょう。医師は病気のことについて患者さん本人はもちろん、家族にも説明やご理解をいただく職業です。家庭教師・塾講師は、生徒本人との関係はもちろん、親御さんとの関係も非常に大切です。人に何かを説明するというのは、普段の生活ではあまりしない体験です。家庭教師・塾講師をやることで、説明慣れができますので、医学生には特におすすめのバイトとなっています。

 あとは、引っ越しなどの力仕事もおすすめです。医師は頭脳労働であるのと同時に、体力仕事でもあります。医師になったら体力づくりを本格的にやるのは難しいです。そのため、ある程度学生時代に体力をつける必要があると思います。そのために部活はもちろん、仕事でも力仕事をするといいかもしれません

実際どれくらい稼げる?

 一番稼いだ月で4~5万ほどです。というのも、部活も運動部に入っていてそこまでバイトに時間を割けませんでした。部活をやらなければ、7,8万は稼げるのではないでしょうか。

おわりに

 医学生は忙しいイメージですが、長時間でなければバイトはできます。むしろ、医師という特殊な仕事をする前に一般的な仕事を経験するとより深みのある医師になることができるのではないでしょうか。